2017年6月24日土曜日

明日25日は ON ANY SANDA のエントリー締め切りですよ!

みなさま、アコモのことは忘れても、
7/2(日)ON ANY SANDA@香嵐渓のエントリー締め切りが明日25日までなことは忘れないでください!






上記の写真は Rustless Production の前田氏に撮影して頂きました♪




2017年6月8日木曜日

え!!?? そ、、そんな・・・

東海地方も梅雨に入ってしまいました。
バイク乗りにとっては辛い時期ですね。


さて、そんな梅雨入り前日ギリギリ滑り込みセーフで、リアハブを大幅に減量させたako-SRの走行テストに行って参りました!


また遊んでる~って?
いやいや、仕事ですよ。しーごーと♪


で、肝心の結果はといいますと、
予想を凌駕した軽快感が感じ取れました!!!

例えるなら、今までの鉄リム仕様は2ケツして乗ってたような感じ!
フライホイールの軽量化でアクセルレスポンスが向上し、ハブの軽量化とハブダンパーレスとなったことでダイレクト感が向上しているのが走り出した瞬間に感じ取れました。

これはいい!!!!!!!
楽しい!!!!!!!!!


楽しくて楽しくて走り回ってたら、サイドカバーを2回も振り落としました。。。
落としても大丈夫なように名前と住所書いとかないとな。。。テヘヘ


そして、AMALキャブのセッティングもいい感じ!
真冬にセットしたまんまですが笑

よくSRにAMALはどうなの??って質問されますが、
とてもSRと相性のよいキャブレターだと思います。

FCRとかCRといったレーシングキャブのような絶対的なパワーはありませんが、ある程度適当なセッティングでもそれなりに走ってしまう懐の広さ(細やかなセッティングが出来ないだけともいう)と、何と言ってもシンプルでクラシカルな外見は個人的にとても好みです。


今回は走りに専念していたので、走行写真や動画はなーし。


HT-1


TS90


MR50


DT1


急なテスト走行&練習会にお付き合いしてくれてありがとう!!


さて、日も傾き、走行時間も


おしまい

さて、次はいつ走りに行きましょうか!!!




2017年6月6日火曜日

スケベ




結局、悩んだ末

IT400のハブには

Hリムを合わせました。



これで元の鉄リム仕様から2718gの軽量化!



外した鉄リム持ったら重い重い!
雰囲気は好きなんだけどね。

これまでの減量
フライホイール △228g
リアホイール △2718g
合計 △2946g


2017年5月28日日曜日

スッキリ!ライトなSR400ダートカスタム

もう一週間終わっちゃった。。
最近、夜になると手元が見え辛くてキーボード打つのも億劫になっちゃう老眼に悩まされるアコモです。

SRミーティングに展示した車両の詳細報告しましょう。


フロント周りを変更してダートな感じにというご依頼です。


このハンドル周りを


DT1のハンドルに変更し 


メーターバイザーを撤去してライトの位置を上方に。
全体の雰囲気をako-SRを参考に打合せしていきます。


当初の計画ではアップフェンダーにということでしたが、この板切れフェンダーを気に入って頂けて、ノーマルフォーク用にアレンジしてワンオフすることになりました。

さて、構成と使用部品も決まりましたが、悩ましい問題が。。。

このSRは2008年式のキャブ最終型。
そう、イモビライザー付きの車両です。


このライトの上に鎮座するでっかいキーシリンダー。
イモビ無しならシンプルなキーシリンダーに替えてしまえば良いのですが、イモビ付きではキーシリンダーとCDIユニットが1対1対応となっているためにどちらか一方を変更することは出来ません。
しかしキーシリンダーがここにあると、ライトが上に上げられないんです。

ということで、イモビ付きキーシリンダーを


元々はツールボックスがあった場所、右サイドカバー下(エアクリボックス下)に引越ししてもらいましょう。
ツールボックスの取付けステーをそのまま無加工で使えるようにアタッチメントを製作し、


はい!


こんな風になりました。※ボルトは仮
乗車中も足に当たることなく、手を伸ばせば普通に操作出来ます。


キーシリンダー移設で要らなくなったステーは切り取り、切除痕は周りに合わせて鋳肌加工しておきます。


 あーーーーーすっきり!


キーシリンダー移設に伴って無くなってしまったハンドルロックは、アンダーブラケットに追加してあります。


もちろん鍵はヤマハ!
ちょーっとしたこだわり♪


ライト周りがシンプルになると気になるのがワイヤーハーネスの塊ですね。
ハーネステープでぐるぐる巻きにして押し込んでありましたが、


一旦、全て解いて


使わないスイッチやインジケーター、配線を間引いていきます。


ハンドルスイッチは汎用のシンプルなモノに。


インジケーターはニュートラルだけ残し、ステムナットに埋め込みました。



キレイにまとめ直して、あーーーースッキリ♪
ギボシやコネクターも最小限の使用でスッキリかつ整備性も良好!


束になった配線もなくシンプルでクリーンな顔つき


メーターステーはドリルドとワイヤリングでほんのりレーシーに。
こういうのがジワっと効いてきます。


ノーマルフォーク、ディスクブレーキ対応の板切れフェンダーも上手くまとまって


こんな感じだったのが



伸びやかでライトなフロント周りになりました。

絶対必要でないものは排除したライトカスタムですが、


もちろん、ちゃんとウインカーも付いてますし、


ETCだって付いているんです。


ライトでシンプルなカスタムSR
サイドカバー下に移設したメインキーも違和感無しです。


ちょっとした変更で色々な表情になるSR、ほんと面白くて興味深いバイクです。

オーナー様、長らくお待たせしました!
今度、実際にダート走りに行きましょう!!