2018年2月15日木曜日

Pedale del freno


TY125/175のブレーキペダル
上がノーマル
下がイタリア産


イタリアさんにすると踏み位置が下がる。
フートレストも下げて乗りやすくするキットだそうです。

バラバラの状態で来ちゃったので組み立ててと。


軸をノーマルペダルから切り出して圧入と抜け止めの溶接、
ペダル部分はノーマルと同じ感じに曲げて溶接して完成

どう見てもイタリアっぽくないので

モー

と書いておくことを強くお勧めします。

【追記】
イタリア産だと思ったらイギリス産でした。
アモーレなんて書かないこと強く強くお勧めします。
アレな人だと思われますので。

2018年2月14日水曜日

日々精進


透視できるよう日々精進しております。

なんのためにって?

それは愚問です。

2018年2月10日土曜日

だめだ。。

面白いタイトルが書けませんでした。

それは以下の内容がとてもマヂメな内容だからか、はたまた超マヂメなワタクシだからか。
いやそれとも黒糖きなこドーナッツを食べながら書いているので、汚れていない薬指一本でキーボードを打ってるからなのか。

まぁ、なんにせよ、今までが面白かったかというと、そうでも無いと思うし、どーでもいいんじゃないかとも思うのでRT2の話に移ります。


折れ込んだスタッドボルトを除去するためにシリンダーを外したので、ついでに内燃機の様子をみていきます。


ベースガスケットにこれでもか!ってくらいの液ガスケットが塗りつけられていました。
ちゃんと組み立てていればシリンダー下部からオイルは出てこない(というか2ストなのでそんなにオイル回していない)んですが。
前作業者はよっぽどの心配性だったのかもしれません。


ピストンも外して調査。


スタンダードサイズ。



大きな縦キズはありませんが


2ndリングのギャップは0.95mm(基準:0.3~0.5)とかなり摩耗しておりました。

ピストンクリアランスは0.156mm
摩耗限界の0.100mmをオーバーです。


コンロッド小端内径はとくに問題なさそう


ピストンピンは段付き摩耗していてNG 


小端の振れは1.55mmでちょい多め


大端サイドクリアランスは0.66mm
0.6mm以上は交換推奨

このRT2もなかなか部品が見つからない214品番のコンロッドなので、大端内径の摩耗が出てなければいいのですが。。。

以上から、ちょっとお疲れ気味な内燃機であることをオーナー様にお伝えし、相談した結果、エンジンフルオーバーホールを行うことになりました。

ということで、次回は腰下の調査です。


2018年2月3日土曜日

58.4+73.3=


本日は体重測定します。


フロント重量 58.4kg


リア重量 73.3kg

ということなので車重は

58.4kg + 73.3kg = 131.7kg



あ! サイドスタンド付けたままだったから

131.7kg - 0.958kg = 130.715kg 

約130.7kg
※オイルあり、ガソリンは約4リットル


ノーマルSR400の車体重量(オイル、ガソリン有)が170kg

ガソリンがあと8L入り、比重が0.74(自動車用ガソリン比重 0.72~0.76)と仮定して

8L × 0.74 = 5.92kg

170kg - (130.7kg + 5.9kg)=33.4kg

マイナス33kg!

さあ、次はどこを削ろうかな。

お正月太りしたお腹か。。。

2018年1月30日火曜日

恥ずかしがらないで

今回はもういっちょ別件のRT2


エグゾーストフランジの固定ボルトが中折れしてかくれんぼ。
恥ずかしがり屋さんですね。


ボルトの上に溶接でちょい足しして


はい、こんにちは~


変わりまして、こちらはヘッド内側(燃焼室側)


ここにも恥ずかしがり屋さんがいますね。
プラグの先端が引っ込んでます。


左が入っていたプラグBPR6HS
正しくは右のプラグB8ES(写真では熱価6番ですが8番が標準)
ネジ径は同じですが、ネジ長さ(リーチ)が違います。


燃焼室にカーボン過多と焼け型のプラグ。

これは例の吸えないエアフィルターから

空気吸えない→燃調リッチ→プラグかぶる(燃焼室にカーボン溜まる)→プラグを焼け型にした

っていうところかと。


これが正しい姿。

今回のようにネジ径が同じだからと、リーチ違いのプラグが入ってることが稀にあります。

しかし、標準よりもリーチが長ければプラグ先端がピストンに衝突してしまうこともありますし、
短ければ電極が奥まったところにはいってしまい、正しい火炎伝播は出来なくなり、異常燃焼の原因となることがあります。


ホームセンターでも買えるプラグ。
1本400円前後。

バイクの消耗品のなかでも最も安価な部品ですが、それはそれは大切な部品なのです。

品番など分らないことがあれば恥ずかしがらないで、お問合せフォームから遠慮なくどうぞ。

今日の運勢から今履いているパンツの色までお答えしま・・・





2018年1月21日日曜日

べちょべちょマスクにおちょぼ口 



ケッチン大魔王RT1のキャブ
再始動前の分解点検で気付いたのです。


メインジェットが160番
標準は220番

明らかにこれでは空燃比が薄すぎ!おちょぼ口過ぎる!!
しかし、なぜこんなに小さな番手のメインジェットを入れていたのか。

後の試乗でわかりました。

220番では全く上が吹けません。
ガボガボとなり失火寸前。
空燃比が濃い症状が出ました。

原因を探っていると


このエアクリーナーエレメント

これを外して直キャブにすると、今までがウソのように吹ける吹ける!
そう、空気が吸えていなかったんです。


吸えない理由は、フィルターオイルの塗り過ぎ。
軽く摘まんで滴るようではダメ。

塗布後にウエスで包み、しっかり絞る。
絞っても出ないくらいの塗布量が適量です。

2ストは吸気負圧が大きくないので、特に吸気抵抗には敏感になります。
小排気量ではなおさらで、ほんのちょっとの塗り過ぎでエンジンがかからなくなってしまうこともあります。


どうやらフィルターも社外か自作のようでした。

汎用フィルターの中には2ストには不向きなものがありますので注意が必要です。
ちなみに、45年以上昔の車両ですが、ヤマハ純正のフィルターが手に入ります。

※エアクリーナーBOXがDT2、RT2系(吸気がリードバルブ式)のものに限ります。それ以前のDT1、RT1(ピストンバルブ式)は社外品のみ。


これは別件のRT2。
これも3000rpm以上が吹けないとのこと。
これも汎用フィルターが入っていました。


オイルが滴るほどではないのですが、やっぱり吸えないのです。


こちらも純正フィルターに交換するだけで気持ちよく吹けるようになりました。

貴方の車両、べちょべちょマスクで息苦しくなっていませか?



2018年1月19日金曜日

助兵衛 ~BSA ユニットシングル~


BSA UNIT SINGLE のヘッドとシリンダー


ヘッドはNOS(New Old Stock)だって。
1960年代の部品なのに新品だって。
エロいね。


そんなヘッドとシリンダーのフィンの割れ目をくっ付けてだって。




組んだら見えないのに鋳肌も再現しておいたよ。
エロいね。


エロいね。