2022年1月17日月曜日

YAMAHA YG1 その2 悪い癖

理想形(=トレールマスター)が見えたYG1D

あとは走れるように整備していくだけ!

まずはエンジンがちゃんとしてないとね。

YG1Dのエンジンは、セルダイナモの12V電装。

シフターはこの時代特有の外付けのボールロックミッション。

圧縮も申し分ないし、見た目はアレですが状態は悪くない感じ。

整備のためエンジンを降ろしましょう。

フレームの中からデカい機械式のレギュレーター。

ここは現代のICを使ったレギュレーターに替えたいな。

直流タイプのはあるのかなぁ??


で、降ろしたついでに、

YG1(75cc)の後継機種のH3(90cc)のエンジンと見比べてみることに。

少しH3(左)の方が大きい。

シフター機構がYG1のボールロックから、現代では一般的なシフトフォーク式になってるので、クランクケース上面と後方が一回り大きくなってる。

そして、ボアストロークも

YG1: 42 × 47mm    75cc    6.5PS/7000rpm

H3 :50 × 45.6mm 89.6cc  8.0PS/7000rpm

と大きくなってる分、頭周りも大きい。

でもでも、エンジンマウントの位置関係は似てるな。


ここでふと思う。


古い車体に新しい型式のエンジンをスワップ

これ、まるでHOT RODみたいでカッコよくない!?


よし!決めた!!

YG1の車体にH3のエンジンをスワップしてみよう!!!

マウントも似てるから、ちょっと加工でいけるでしょ!


というふうに、

そのまま乗ればいいのに、いらんことしたくなる悪い癖がでてしまうのでした。


2022年1月15日土曜日

YAMAHA YG1 その1 可愛いあの娘が乗るバイク

昨年の夏に手に入れたYAMAHA YG1D('65)

後のYB90などの前身モデルということもあって、ビジネスバイク色が強いYG1ですが、

(実際、商用車としてよく売れたモデルでもある)

輸出仕様のYG1は、トレールマスター80として人気の小排気量バイクだったようです。

国内仕様とほとんど同じですが、タイヤが16インチのトレールタイヤだったり、

アップなハンドルで、フルカバードではないフロントフェンダーやサスペンションになってたりします。

1967年のYAMAHAニュースではISDTの参戦車両が紹介されていて、

真ん中の車両はおそらくYL2C(YG1の後継機種)かなと。

自分もH3(YL2Cの排気量違い)でモトクロッサーを製作していますが、


現状、完全にレーサーなので公道走行は厳しい。

いや、まぁナンバーとれば走れるけど、公道では楽しくは走れないし。



こんな素敵な小排気量車でお買い物やツーリング、

そしてレースも出来たら楽しいぞ!と思い、入手したわけでございます。

はい。

で、早速、重たいフェンダーを外して

トレールタイヤに交換しました。

TINSUN TS802 2.50-17

とりあえず見た目だけでの選択。

世界のHONDAさんのカブやハンターカブ人気のおかげで、17インチタイヤの選択肢が増えてありがたやです。


タイヤ替えただけでもうトレールマスター気分♪


ダブルだったシートもシングルを譲ってもらって交換


さらにリアキャリアとエクステンションキャリアも譲ってもらって


キャンプでも行けそうな雰囲気に!

既に理想形が出来てしまったので、あとは整備して走り出すだけ!!!!

でしたが、、

また悪い癖が出てくるのでした。。。

その2に続く

2022年1月9日日曜日

2022 ムネガドキドキ



DT250エンジンのカッコいいフラットトラッカーに

YAMHOLICのステッカー貼ってもらってる♪

2022年、早々

胸が熱くなりました。

INU CHOPPERS ありがと!

詳細は↓



2021年12月31日金曜日

DT250 オイルポンプの整備

12VCDIにコンバートしたDT250


試走前の点検でオイルポンプからのオイル漏れを確認しました。
漏れ量は酷くはないのですが、


ガスケットの色からして、永らくポンプ内部の整備はされていない様子です。
で、ポンプを外してみると・・・


おやおや


オイルタンクから出てくる2ストオイルが、まるで廃油のように真っ黒ですよ、奥さん!


入っていたオイルは全部捨てて、オイルタンク内の洗浄をしましょう。
タンクに洗浄剤を入れてシェイクしてみると



出るわ出るわ、、まるでドライサンプのオイルタンクのような汚れ方。


しかし、なんでこんなスラッジが溜まったのか謎です。
タンクの錆びでもないし、、どういうこと???


ポンプ本体は、


ダイヤルが付くシリンダーの軸端が錆びてて


オイルシールの内側まで錆が進行していました。
これではシールが出来ないので、ジワ漏れしていたのでしょう。

ポンプを分解する前にこの錆を除去しておきます。
じゃないと本体からシリンダーが抜けないし、
無理矢理、引っこ抜くと大事なところが傷だらけになります。


バラせました。
中身はまあまあな感じです。


錆を落としたシリンダー
もう少しだけ研磨しておきます。


プランジャーは問題なし。
入っていたオイルがあまりにも酷い状態だったので中身が心配だったのですが、
洗浄すれば問題ないレベルでした。

超音波洗浄機風呂で汚れを流します。

各オイルシール、ガスケットを新品に交換して組立て。
リークチェックと吐出量の確認して


ホース、オイルも新品にして完成です。

オイルポンプの定期整備は必須ですよ!
壊れてから、漏れてから ではなくね!!
雨天走行の後は、カバーを開けて乾燥もお願いします!

2021年12月29日水曜日

DT250 12VCDI点火にアップグレード!

DT250を12VCDI点火にアップグレードします。


この年式は6Vのポイント点火。

見た目の状態はとても良い感じですが、コンタクトブレーカーの接点はチビってました。

部品交換で復活させやすいのはポイント式のメリットですが、
定期的なメンテナンスが必要です。


ジェネレーターをまるっと12VCDIキットに入替えします。
これで無接点式のCDI点火はメンテナンスフリーとなります!

さて、ノーマルにはないレギュレーターを設置場所ですが


DT250はシート下をチャンバーが通過しているのでギチギチの詰込み具合。


バッテリーと同寸のアルミBOXを製作し、


レギュレーターを固定します。
見た目もシンプルで、アルミBOXがヒートシンクにもなって一石二鳥!


メインハーネスは新規製作するので、今付いてるハーネスを車体から引きずり出すと


あらあらあら。
ネチャネチャのビニールテープを剥がすと、捩っただけの配線。
被覆の色もバラバラだし。


この車両だけでなく、結構こういうテキトーなことされたのは多いです。
後にトラブルの原因になりますよ。
最悪は車両火災に。。。


新しいイグニッションコイルを設置し、配線も引き直していきます。
あとで触る人にも判り易いようにヤマハ純正色でね。


バッテリーからアルミBOXに替わってる以外は違和感ないでしょ。


管ヒューズからミニブレードヒューズに変更しているので、
ガソリンスタンドやホームセンター等でも入手できます。

消耗品はどこでも手に入り易いのがいいよね。


見た目はそのまま、電気周りを現代化&リフレッシュ!
DT250、かっこいいね!!

2021年12月13日月曜日

【SOLD OUT】YAMAHA TY175 0.5OSピストンキット TKRJ

 






TKRJ製のTY175用0.5オーバーサイズピストンキットです。
ピストン、リング、ピンピストン、サークリップのセットとなります。

TKRJは、大阪のアフターパーツメーカーです。
http://www.tkrj.co.jp/jp/


9,950円(税込み) SOLD OUT

ありがとうございました♪

1setのみ!

早い者勝ち!!!

↓↓↓こちらからどうぞ↓↓↓

メール(akomotorcycle@gmail.com)、Line、お問合せフォームからでもOKです。